女性目線から考える包茎について|男の悩み

包茎を女性目線から考える3つのこと

3つの意見をチェック!

男性のペニスは女性のバストと同じく形や大きさが気になるものなのでしょうね。
でも女性はそのバストの大きさでファッションにも影響が出てくるもの。
では男性であればどうでしょう?包茎であるという自体、そんなに気にしなくていいのにと思ってしまうのは女性だからなのでしょうか?

■女性からしたら包茎自体には何ら抵抗はない
女性からすれば、好きな彼氏が包茎だったとかであっても、実際は何ら気にすることはないです。

それが例えばエッチの際に、すぐイっちゃうくらい早漏だったとすれば、困るのは確かですが、普通に皮が剥けて、エッチをしていてそれなりに耐久力がある人であれば、そこまで包茎自体には抵抗もないですし、気にもしないことなのです。

■問題は包茎によって起こり得る不潔なことや病気
ただ、いくら気にしないと言っても、やはり男性も女性もそうですが、決して陰部は綺麗ではありません。包茎だからと言うことではありませんが、皮を常に被っている状態ですから、なおの事清潔に保つように心がけるのは当然のマナーであるかと思います。

皮が常に被ることにより、例えばそこが雑菌の温床だったとすれば、女性としてはそれが自分の身体の中に入ってくるわけですから、想像するだけでも恐ろしいもので、何らかの病気になるのではないかとまで考えてしまうこともあるのです。

女性側もほとんどの人は自分の身体はしっかり清潔に心掛けているのですから、男性側も自分の身体は隅々まできれいにしてほしいところです。

■プライドだけではなく、中身も重要
包茎だからエッチに自信ないなんていう男性の方もよくいると思います。
私が付き合ってきた彼氏の中にも、デートを何回も重ねても、エッチには至らずしばらく続き、やっとエッチしてみたら彼氏が包茎で、それが原因で手を出せずにいたという人がいました。

包茎だからサイズが小さいとか、早漏になってしまうということで、エッチに自信がなくなる人が多いようですが、私から言わせてみれば、そんなことはどうでもいいのではないかと思ってしまいます。

何も、最初のエッチから女性を満足させられるようなエッチが彼氏とできるとは、女性側も期待はしていません。
勿論、いつかは彼氏と十分満たされたエッチがしたいのは本音でしょう。
でも、まずはお互いの恥ずかしい部分を全てさらけ出し、どこが悪いのか、ここをもっとこうしたら気持ちよくなるといったことを探究するのも、「愛」の育みかと思います。

問題はエッチでどれだけ愛情をもって相手と触れ合えるかということ。それがエッチで一番重要なことであって、欲求を満たすだけのエッチであれば、彼氏彼女でなくたってでき、風俗やオナニーで事足りるのです。

彼氏だから、彼女だから、相手を愛しているからこそできるエッチは、欲求を満たすまでの「プロセス」をも愛情をもって接しあえるものだと思います。
ですから、単純に包茎だからエッチが苦手というのは、単に自分のプライドを傷つけられたくないと思っているだけに過ぎないのです。

女性から包茎男性に気を付けて欲しい3つのこと

世の男性で特にコンプレックスを抱くのは自分の大事な部分が包茎であるということではないでしょうか。
包茎ではない人は別に気にしないでしょうが、包茎であれば温泉に入るだけでも、他の男性の目線を気にしてしまいがち。

女性とのエッチも消極的になったりすることがあると思います。でも安心してください。女性はそこまで包茎を気にしていません。ですが、注意してほしい点があります。

包茎に付いた垢はちゃんと洗うこと

女性もそうですが、陰部は皮膚で覆われていることから、恥垢が溜まりやすいです。男性の場合はと言うと、陰嚢部分の付け根等、皮膚が触れ合い汗がかきやすいところに垢が溜まりますが、包茎の場合は常時皮膚に覆われているため、カリの部分にも垢が溜まりやすいです。 お風呂に入ったらちゃんと皮を剥いて洗ってくださいね。 女性でも男性でもそうですが、ちゃんと清潔にしていないと嫌がられるのは同じなのです。

サイズが小さいからって悩まないこと

確かに包茎の人はそうでない人と比べるとサイズは小さめだと思います。特にカリの高さは違いが歴然。 カリの高さがあると女性から見ても確かに大きく見えるものですが、だからと言ってサイズが大きいから何もかもが良いというわけではありません。 サイズが大きいと女性をイかせられるという変な考えを持っている男性がよくいますが、決してそうではありません。 女性からすれば、サイズがただ大きいだけでは意味がなく、それよりも自分の気持ちいいところにちゃんと当たるかどうか。 気持ちいいところにちゃんと当ててくれるのは男性が女性を気にかけて、上手に動いてくれるからです。 要はテクニックが重要であって、大きさは関係ないのです。 ですから、サイズに固執するあまり、エッチに消極的になったりする必要は全くありません。

できれば亀頭は刺激に慣らす

包茎の方で多いのは、亀頭の部分が敏感であるということ。なのでエッチをしてすぐに果ててしまうこともよくあります。 ですが皮膚はいくらでも鍛錬が可能で、刺激に慣れてしまえばその分強くなります。 ですから包茎の方は亀頭という敏感な部分を敢えて刺激に慣らす意味で皮を剥いて下着を履くといいと思います。 そうすれば、下着の生地に擦れるので刺激となり、刺激に強くなります。 ただ、今まで刺激に慣れていない人がいきなり強い刺激を与えるのは苦痛の何物でもありません。 ゆっくり地道に行い、刺激慣れしていけばよいのです。 女性を気持ちよくさせるには、先述のテクニックのほかに、耐久力が必要であることを忘れないでください。

包茎が気になってインターネット検索した結果

自分が男性特有のコンプレックスに気付いた時には遅いなと思いました。その悩みは包茎のことで大人になって昔を後悔していました。実際には包茎だと分かっていたのですがそれを治さなかったのです。だから真性包茎で病気などが気になる生活になりました。

しかし、私はこの悩みを自分で解決したいと思ってインターネット検索をしました。この時に包茎のために痛みや痒みがあったので治療したかったです。インターネット検索した結果は予想外の情報が多くて助かりました。

結果的には包茎を治す方法があったのでそれを実行しました。私がやったのが包茎を自分で治療することだったので難しかったです。だから長い時間を使って何とか治したかったです。将来的にもセックスをする時に包茎はデメリットになると思っていました。

そういった経緯で包茎を自分で治していって今は良い感じです。以前は真性包茎だったのですがインターネットの情報を得てそこを改善しました。私は真性包茎が治るとは思わなかったのでチャレンジして良かったです。

具体的には自分で皮を伸ばして真性包茎に対応していきました。痛みなどがあったのでその時は放置しました。しかし、諦めないで治療を続けると真性包茎が治っていったので安心できました。