女性目線から考える包茎について|男の悩み

女性から包茎男性に気を付けて欲しい3つのこと

世の男性で特にコンプレックスを抱くのは自分の大事な部分が包茎であるということではないでしょうか。
包茎ではない人は別に気にしないでしょうが、包茎であれば温泉に入るだけでも、他の男性の目線を気にしてしまいがち。

女性とのエッチも消極的になったりすることがあると思います。でも安心してください。女性はそこまで包茎を気にしていません。ですが、注意してほしい点があります。

包茎に付いた垢はちゃんと洗うこと

女性もそうですが、陰部は皮膚で覆われていることから、恥垢が溜まりやすいです。男性の場合はと言うと、陰嚢部分の付け根等、皮膚が触れ合い汗がかきやすいところに垢が溜まりますが、包茎の場合は常時皮膚に覆われているため、カリの部分にも垢が溜まりやすいです。 お風呂に入ったらちゃんと皮を剥いて洗ってくださいね。 女性でも男性でもそうですが、ちゃんと清潔にしていないと嫌がられるのは同じなのです。

サイズが小さいからって悩まないこと

確かに包茎の人はそうでない人と比べるとサイズは小さめだと思います。特にカリの高さは違いが歴然。 カリの高さがあると女性から見ても確かに大きく見えるものですが、だからと言ってサイズが大きいから何もかもが良いというわけではありません。 サイズが大きいと女性をイかせられるという変な考えを持っている男性がよくいますが、決してそうではありません。 女性からすれば、サイズがただ大きいだけでは意味がなく、それよりも自分の気持ちいいところにちゃんと当たるかどうか。 気持ちいいところにちゃんと当ててくれるのは男性が女性を気にかけて、上手に動いてくれるからです。 要はテクニックが重要であって、大きさは関係ないのです。 ですから、サイズに固執するあまり、エッチに消極的になったりする必要は全くありません。

できれば亀頭は刺激に慣らす

包茎の方で多いのは、亀頭の部分が敏感であるということ。なのでエッチをしてすぐに果ててしまうこともよくあります。 ですが皮膚はいくらでも鍛錬が可能で、刺激に慣れてしまえばその分強くなります。 ですから包茎の方は亀頭という敏感な部分を敢えて刺激に慣らす意味で皮を剥いて下着を履くといいと思います。 そうすれば、下着の生地に擦れるので刺激となり、刺激に強くなります。 ただ、今まで刺激に慣れていない人がいきなり強い刺激を与えるのは苦痛の何物でもありません。 ゆっくり地道に行い、刺激慣れしていけばよいのです。 女性を気持ちよくさせるには、先述のテクニックのほかに、耐久力が必要であることを忘れないでください。